So-net無料ブログ作成

<口蹄疫>県境6カ所通行止め 鹿児島・曽於(毎日新聞)

 口蹄疫(こうていえき)感染疑いの牛が確認された宮崎県都城市と県境を接する鹿児島県曽於(そお)市は12日、県境の一般道路6カ所を三角コーンと看板などで“通行止め”にした。しかし、現場はすり抜け可能で、畜産農家から実効性を問う声も出た。

 市は県境32カ所のうち他にも20カ所を通行止めにする計画だが、作業は14日に始めるという。

 通行止めの看板には「口蹄疫の侵入を防止する為(ため)通行をご遠慮下さい」「曽於の畜産を守る為ご協力をお願いします」と書かれた。家畜伝染病予防法は、72時間の通行規制、遮断を認めているが、発生場所から20キロ以上離れた地域での適用は難しい。そのため鹿児島県も曽於市も「法的には強制できない」という。【黒澤敬太郎、新開良一】

【関連ニュース】
口蹄疫:菅首相が宮崎で農家視察 「国家的な危機と認識」
口蹄疫:コブクロ、今井美樹さんらと共同で宮崎応援歌
口蹄疫:宮崎など3市、埋却作業終了
口蹄疫:自民政調会長、参院選延期を要請
口蹄疫:宮崎市の豚、日向の牛が陽性…宮崎の運動公園閉鎖

<はやぶさ>帰還したカプセル画像公開 午後回収へ(毎日新聞)
新政権を席巻「松下政経塾」OB 野田、玄葉、前原、原口…(J-CASTニュース)
小杉元文相の妻ら再逮捕 支援者から3千万詐取(産経新聞)
無罪主張する被告に実刑判決 東京地裁の強盗致傷事件(産経新聞)
小沢氏、熊野古道で「再生」 民主、刷新は偽装? 執行部が選挙戦術踏襲(産経新聞)

「農水相がゴルフ」報道で処分=TBS(時事通信)

 口蹄(こうてい)疫問題が発生する中、海外出張した赤松広隆農林水産相が「外遊先でゴルフをしていた」とする民主党幹部の発言を、TBSテレビが十分な裏付けがないまま報道した問題で、同社が政治部長ら4人を2日付で懲戒処分していたことが、5日分かった。
 同社広報部によると、放送当日の政治部デスクと、記事を取りまとめた政治部の与党担当キャップが減俸。政治部長とニュース時間帯の編集長だった編集部次長がけん責処分。 

【関連ニュース】
「クリスマスで使おうと…」=陸将補、無断でモミの木掘らせる
兼業事務官を停職処分=大阪高裁
巡査長、捜査書類隠す=発覚恐れ失跡、書類送検
警部補、部下に銃口向ける=「油断するな」と二十数回
巡査長が児童買春容疑=書類送検、15歳少女と

<みんなの党>参院選比例代表に米田雅子氏を擁立(毎日新聞)
鳩山氏「子分に裏金」疑惑 民主代表の座カネで買う?(J-CASTニュース)
石原都知事 「菅首相、役人うまく使って」(毎日新聞)
口蹄疫特措法、4日施行(時事通信)
父「余計つらく…」広島女児殺害、差し戻し控訴審7月28日判決(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。